リスクヘッジとデリバティブ

デリバティブ評価が重要なわけ

当社のリスク管理の考え方

サービスメニュー

小冊子お申し込み

無料メルマガ配信中

-マーケットリスクから会社を守る-
リスクニュートラル公式メールマガジン

イメージ

金利上昇、価格高騰に左右されないリスクヘッジを考えるガイドブックメルマガ。
購読お申し込みはこちら

御社名 :
お名前 :
メールアドレス(必須) :

デリバティブ取引で損をしないためには

ご案内

トピックス

コンサルタントの紹介

マーケットリスク管理コンサルタント 倉井健一

プロフィール写真

為替リスク、マーケットリスクにフォーカスし、輸出入業者が抱える問題を、評価・分析・レポーティング・コンサルを通して具体的なアドバイスで解決に導きます

プロフィールはこちら

ヘッジ戦略の構築

デリバティブを用い何通りもの方法から目的にあう最適なリスクヘッジを行う

デリバティブを用いてマーケットリスクのヘッジを行う際に、何通りかの方法がある場合があります。

例えばデリバティブ取引といっても先渡取引、先物取引、オプション取引、スワップ取引など、
基本的な商品だけでもこれだけあり、これらの派生商品や組み合わせともなると数えることすら不可能です。
さらにオーダーメード型のデリバティブ取引もあるので一口にヘッジ方法と言っても手段のバリエーションは無数にあります。

このとき注意しなくてはいけないのは、
会社の目的にあった適切なリスクヘッジ手段を選ぶということです。

商品によって契約方法や手数料、値洗い方法やリスク特性などが異なってきますし、
金融機関によっても得意なものと不得意なものがあるでしょうから、
単に金融機関から勧められた商品を契約するのではなく、
会社のリスク管理ポリシーに合っているものを選択することが大事です。

リスクニュートラルでは御社に最適なヘッジ戦略構築のお手伝いをいたします。

初回のご相談は無料です。お気軽にご相談下さい。

クライアント企業の要望に良く耳を傾けて、適切なアドバイスをいたします

お問い合わせ・無料相談のご予約は、お電話または、メールにてお気軽にどうぞ

電話・メールの前に必ずこちらをクリックしてください

このページの上部へ