リスクヘッジとデリバティブ

デリバティブ評価が重要なわけ

当社のリスク管理の考え方

サービスメニュー

小冊子お申し込み

無料メルマガ配信中

-マーケットリスクから会社を守る-
リスクニュートラル公式メールマガジン

イメージ

金利上昇、価格高騰に左右されないリスクヘッジを考えるガイドブックメルマガ。
購読お申し込みはこちら

御社名 :
お名前 :
メールアドレス(必須) :

デリバティブ取引で損をしないためには

ご案内

トピックス

コンサルタントの紹介

マーケットリスク管理コンサルタント 倉井健一

プロフィール写真

為替リスク、マーケットリスクにフォーカスし、輸出入業者が抱える問題を、評価・分析・レポーティング・コンサルを通して具体的なアドバイスで解決に導きます

プロフィールはこちら

損益とリスクのレポーティング

損益状況とリスク状況をわかりやすく把握するためのレポーティング

デリバティブ取引をリスクヘッジ戦略に沿って目的どおりに執行したとしてもそのまま放置して良いわけではありません。ヘッジ対象の資産価格は時間とともに変動します。
オプション取引であれば資産価格のボラティリティも評価に影響するのでさらに複雑な値動きをします。

したがって、デリバティブ取引の契約後にも定期的に損益状況をチェックすると同時に
リスクの状況を確認することが大変重要です。

これらの情報を金融機関から入手することは可能かもしれませんが
デリバティブ取引の数が増えてくるにしたがって全体の状況を確認することは困難になってきます。
会社にとって重要なのは個別の取引の状況ではなくデリバティブ取引が全体でどのような損益状況になっているか、そしてリスクを保有しているのかということなのです。

これらの情報を得るには金融工学をベースにしたデリバティブの評価モデルを操ることが必要ですが
金融機関以外の企業がこれらのノウハウを得ることは非常に困難です。

リスクニュートラルではデリバティブ取引の損益状況とリスク状況をわかりやすく把握するためのレポーティングサービスを行っております。
御社のリスクヘッジ戦略を完璧なものにするために是非ご利用下さい。

クライアント企業の要望に良く耳を傾けて、適切なアドバイスをいたします

お問い合わせ・無料相談のご予約は、お電話または、メールにてお気軽にどうぞ

電話・メールの前に必ずこちらをクリックしてください

このページの上部へ